Vom Bauhaus nach Palästina
Chanan Frenkel, Ricarda und Heinz Schwerin

1,200円(税込)

購入数

1930年代、バウハウスの学生と卒業生約25人がパレスチナに移住した。グループの大部分は移民であり、他の人たちは研究前にシオニストの先駆者としてそこに住んでいた。本書は、建築家の学生であるChanan Frenkel、Ricarda、Heinz Schwerinの3人の伝記に沿って書かれたもので、イスラエルで新しい生活を始めるなかで感じた、シオニストの熱意と強制追放という悲劇を伝えている。ポケットブック・シリーズ「Bauhaus Taschenbuch」の第6巻。本体良好。

SPECTOR BOOKS, 2012
14.5×10.5cm 144p
ソフトカバー, condition: A
ISBN 9783944669113


ATELIERでは、古書の買取のご依頼/ご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
CONTACT