OSUMŌ BOOKEND
EETAL ブックエンド

14,000円(税込)

購入数

紙相撲から生まれたブックエンド

精密板金加工を得意とする日本べネックス主宰の新たな板金の可能性を追求するプロジェクト『EETAL(イータル)』から発表されたプロダクト「OSUMŌ(オスモー)」。グラフィックデザイナーの小林一毅が参画し、紙相撲のフォルムをモチーフにしたスチール製のブックエンドです。

力士を動物になぞらえて単純化し表現された姿は、その抽象性ゆえに立てたり横に倒したり、複数のブックエンドと組み合わせによっても異なる表情を演出します。
スチール製で重量は1.2kg。サイズの大きな本や雑誌も支えることができながら色の印象は軽く、その重さを視覚からは感じさせない面白さがあります。
金属を精密に切る、曲げる、繋げる、色を塗る、そのすべての工程を長崎の工場でひとつひとつ丁寧に行っています。

デザイン(カラー):全部で10種類
INU(イエロー) / NEKO(グレー) / HITO(ブラック) / CHŌ(ワインレッド) / ZŌ(ライ
トブルー) / TSURU(ホワイト) / KAERU(ベージュ) / KURAGE(ピンク) / TAKO(オレ
ンジ) / KAME(グリーン) ※全てメラミン樹脂塗装

外形寸法 :幅100弌澑行100弌濆發200
重量:約1.2

※本品は受注生産品となります(ご注文から約1ヶ月後に発送)
・受注販売につき、キャンセルは不可となります
・『EETAL』より配送となる為、書籍との同梱は出来ませんのでご了承ください
・受注生産品の為、お届け日時の指定は出来かねます


小林一毅(Ikki Kobayashi)
グラフィックデザイナー。1992年滋賀県生まれ。多摩美術大学を卒業後、(株)資生堂を経て2019年独立。作字・作画による平面的な造形探究を基本姿勢として美術や飲食など生活文化に携わる仕事を中心に活動している。主な受賞に東京TDC賞、JAGDA新人賞。

EETAL(イータル)プロジェクトについて
日本ベネックスが2021年に立ち上げたコラボレーションプロジェクト。
EETALが追求していくのは、”新たな板金の可能性”です。これまで培ってきた精密板金加工のものづくりの道にこそ、未知を見出してみたい。そんな想いを持った職人と、斬新な発想、アイディアを持つクリエイターの融合。何のためのどんなものになっていくのかーー
https://www.eetal.com/



ATELIERでは、古書の買取のご依頼/ご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
CONTACT