〈SIGNED〉Portraits in
November
江崎愛 Ai Ezaki

3,795円(税込)

購入数

東京を拠点に2010年頃から周りの友人や何気ない日常の景色をフィルムで撮影してきた写真家・江崎愛。本作は、2022年2月に西荻窪「HAITSU」にて開催された展示「Portraits in November」に合わせて制作された作品集で、写真を撮影し始めた10年以上前から現在までを振り返りながら、自身の写真に対する興味を持ったきっかけを再構築している。展示では、今回撮影した3名の人物を選んだきっかけから、写真が面白いと気付いたきっかけや、被写体と自分との関係性などを話している30分のインタビュー音声を聴きながら写真を見るという新たな表現を試みている。「写真というものでやりたかったのはこういう事だったのかもしれない」と気付かされる機会になったという渾身の最新作。表紙は3名の人物を撮影した2021年11月のカレンダーのグラフィティをシルクスクリーン印刷している。見返しに作家本人のポートレイトL版プリントを付属。
限定200部、サイン・エディション入。栞付。(新刊)


私は人を撮る時、まず自分の周りを見渡して、直感的に会いに行きたい人を決める。
人物を「選んで」撮影する。
2012年には奇妙で弾けた表情をする人たち、
2014人には少し危険な表情で笑う人たち、
2016年には静かな表情の中に強い意志を感じる人たちのポートレイトを撮影している。
選んだ時はなぜその人たちを撮りたいのか分からない。
でも会いに行って会話し、撮った写真を現像してみると、
その人たちにはどこか似ている部分がある。
その時期の私にも似ているような気がする。
これは11月に撮った、自分のようなものである。

江崎愛
(本文中より)


インタビュー音声:https://bit.ly/3uMFh77
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

江崎愛/Ai Ezaki

2010年より写真家として活動。
国内外のアートブックフェアでリトルプレスや写真集を定期的に発表している。
主な個展に2022年「Portraits in November」(HAITSU、東京)、2018年「生活」(Cale、東京)等。
クライアントワークは 「i-D」(イギリス)、「COMMON LANGUAGE magazine」(フランス)、
「GATEWAY」(日本)等。

http://www.aiezaki.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Concept & Editing:Ai Ezaki
Design:Takumi Ota + Monet Terumoto

publisher:Self-publishing
publication Date:2022
size:21×28.3cm
condition:A



ATELIERでは、古書の買取のご依頼/ご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
CONTACT