古渡り更紗 江戸を染めたインドの華
SARASA Flowers of the Textile Trade

2008年に五島美術館で開催された展覧会カタログ。木綿に草花、鳥獣、人物などの文様を、型や手描きによって鮮やかに染めたインドで生まれた布「更紗」。本書は、江戸時代の人々が「古渡り更紗」と呼んだ17世紀から18世紀にかけて舶載されたインド製更紗の重要資料である彦根藩主井伊家に伝わった「彦根更紗」450点のすべてを掲載。また制作当初の姿を留める布から衣装や懐中品など、「更紗」の名品約90点を紹介しています。

表紙に少シミ・少ヨゴレ・下部に僅かなイタミ、小口に僅かなシミ有。

五島美術館, 2012
29.5×21cm, 218p
ソフトカバー|condition: B



ATELIERでは、古書の買取のご依頼/ご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
CONTACT