わたし 大橋歩
Ayumi Ohashi

週刊『平凡パンチ』の表紙イラストを創刊号から担当し、PINKHOUSE初期のイラストや、村上春樹の『anan』連載コラム「村上ラヂオ」の挿絵を手がけるなど、イラストレーターとして大活躍する傍ら、「今作りたいもの」として2002年より企画、編集、写真取材をした『Arne』を刊行するなど精力的に活動する大橋歩による絵本作品。

まるで白い布地に絵の具がしみ拡がるように、読む人の前に姿をあらわす思春期のせつなさ。
いまや、たったひとつの嘘も、つく必要のない”わたし”の過去の鮮かにきらめいていた感性たち。
殆んど後姿の人物たちは、感性の重さを言いたいだけです。繊細な心の奥のひだが、織物のように弦楽を奏でます。そう、室内音を聴いているような絵本です。
(財津和夫 / 帯文より)

帯に僅かな傷み、見返しにシミ有。

CBSソニー出版, 1981
30×23cm,
ハードカバー | condition: B



ATELIERでは、古書の買取のご依頼/ご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
CONTACT