〈SIGNED〉香港追憶 1958
長野重一
Shigeichi Nagano

けたたましい破裂音で眼が醒めた。そこが香港島の下町にある銅鑼湾の、安ホテルのうす暗い一室であることに気がつくまで、しばらく時間がかかった。 1958年10月のはじめ、私の外国体験はこうしてはじまった。(本文より)

高度成長期前後の日本を撮影し、「東京」という都市を舞台に、時代の空気や人びとの姿を記録した写真家、長野重一の写真集。1958年に初めて海外に赴き、香港の街角を黙々と歩き回って撮影した作品群。イギリス植民地時代の香港で、戦後の日本が急速に失っていった町の温もりと熱気を閉じ込めたような傑作。禁断の地である九龍城の阿片窟もありのままに写し出されている。

見開きにサイン入・限定700部、地に僅かなへこみ有、中ページ良好。

蒼穹社, 2009
28×22cm 124p
ハードカバー | condition: B



ATELIERでは、古書の買取のご依頼/ご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
CONTACT