〈2set〉Paul Klee Notebooks
Volume1・2
パウル・クレー

スイス出身のドイツ人芸術家パウル・クレー(1879-1940)。本書は、クレーが1920年にドイツのバウハウスで行った講義を中心に、現代美術に関する主要なエッセイを集めた全2巻からなる美術理論書。造形芸術の手段としての線、明暗、色について、1000以上の図版で解説した名著。編集: Jurg Spiller

Volume1: The thinking eye
Volume2: The nature of nature

2冊セット、カバーにシミ少・スレ少、Vol.1の見開き・見返しにシミ、天にシミ Vol.2の小口にシミ・P146とP147にムレ、天にムレ少有。

Lund Humphries, 1973
22.5×21.5cm, 541p/454p
ハードカバー condition: B