デザイン No.1 1977年11月
杉浦康平 微視・巨視の世界変換像

3,300円(税込)

購入数

特集 : 杉浦康平〈微視・巨視〉の世界変換像

臼田捷治が編集を務めた雑誌『デザイン』の第1号、特集は杉浦康平。ダイアグラムや書物の時空を中心として、1975年から1977年の作品を主体に紹介している。磯崎新による、杉浦康平の文字=図像論「手法の永久運動」や、松岡正剛が杉浦康平の人物像について語った「観念の複合振動」のテキストを収録。その他に、グラフィックデザイナー・イラストレーターのドン・ウェラーや芹沢げ陝河北秀也を特集した充実の一冊。

表紙フチにスレ、背に傷み有、中ページ良好。

美術出版社, 1977
29.3×22.5cm 114p
ソフトカバー | condition: B