八木一夫展 没後25年
Yagi Kazuo
A Retorospective

4,400円(税込)

購入数

陶芸の世界に新しい造形分野を切り開き、海外からも注目された八木一夫の没後25年にあたり、初期から晩年までの陶芸作品約300点よりその業績を回顧する展覧会のカタログ。当時流行した前衛的な生け花をオブジェと呼んだことに因み「オブジェ焼」と呼ばれた作品群のほか、木版画、版画、ブロンズなど297作品を収録。巻末に、木村重信「21世紀美術のなかの八木一夫 時代・人・作品」、乾由明「私と八木一夫」、森哲美「忘れられない 八木一夫」、年譜を掲載。

編集: 京都国立近代美術館
デザイン: 西岡勉

正誤表付、天に僅かなシミ有、中ページ良好。

日本経済新聞社, 2004
30.2×21.8cm, 387p
ソフトカバー | condition: B