近現代のブックデザイン考 I
書物にとっての美
新島実, 寺山祐策, 白井敬尚

2012年に新島実、寺山祐策、白井敬尚の3名監修のもと、武蔵野美術大学美術館で開催された展覧会「近現代のブックデザイン考 I」のカタログ。本学創立者のひとりである故金原省吾の蔵書「金原文庫」と、当時日本画家の教授を務めた故服部有恒の蔵書を含めた貴重書コレクションの中から、近現代のブックデザインという視点で約300点を選出。そこから明治期から昭和までの時間軸で、「造形の美」「装丁の美」「本文の美」という3つの視点から本学のコレクションを見つめ直すことを目的としたもの。巻末に出品目録を収録。


出版社:武蔵野美術大学美術館
刊行年:2012年
サイズ:29.5×22.5cm, 174p
言語:日本語
状態:ソフトカバー、表紙フチにスレによる傷み少有、中ページ良好

publisher:Musashino Art University Museum & Library
publication Date:2012
size:29.5×22.5cm, 174p
language:Japanese
condition:B