ヤン・チヒョルト 書物と活字
Jan Tschichold

20世紀モダン・タイポグラフィの巨匠ヤン・チヒョルトが1952年に出版した著書『Meisterbuch der Schrift』の日本語版。書体の基礎知識、書体の善し悪しの判断、書体の選定、レイアウトを図版を交えながら解説。本書では150書体もの名作活字が紹介されており、独語、英語、仏語、伊語版と刊行されたのち、原作の独語版から翻訳されている。巻末の朗文堂編集部による「日本語版の発行にあたって」では、チヒョルトを最も早く日本に紹介した原弘氏のエピソードや、チヒョルト自身の人柄、研究者としての姿勢も描かれている。翻訳は菅井暢子、デザインを白井敬尚が担当。

カバーの下部に僅かなスレがありますが、比較的綺麗な状態です。

朗文堂, 1998
34.5×22.5cm 234p
ハードカバー condition: A



ATELIERでは、古書の買取のご依頼/ご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
CONTACT