HENRY DARGER'S ROOM
851 WEBSTER
ヘンリー・ダーガー

ヘンリー・ダーガー(1892-1973)はその生涯の後半40年をシカゴ市内リンカーン・パーク地区あるタウンハウスの3階の貸間で過ごしました。体が不自由になり、階段の昇り降りができなくなると近所の老人施設に移り、数ヶ月後に亡くなりました。彼が出て行った後、部屋の片付けをしていた大家のネイサン・ラーナーは、ダーガーの奇妙な遺作を発見しました。
15000ページを越える小説『非現実の王国で』と数百枚の挿絵です。 この本は、ダーガーのねぐらにして秘密のアトリエだった部屋の写真集です。1970年代に撮影されたモノクロ写真と1999年に日本人写真家、北島敬三が撮影したカラー写真を収録し、ダーガーの孤独な人生と創作の謎に迫ります。 (小出由紀子事務所)

編集: 小出由紀子, 都築響一
デザイン: 下田理恵

本体良好。

IMPERIAL PRESS, 2007
20.1×16.4cm, 111p
ハードカバー | condition: A



ATELIERでは、古書の買取のご依頼/ご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
CONTACT