佐野繁次郎展
Shigejiro Sano

4,400円(税込)

購入数

1924年、小出楢重に師事し、生涯に200冊を超える本の装丁を手がけた佐野繁次郎(1900-87)の展覧会カタログ。1955年には銀座のタウン誌『銀座百点』を創刊号から1969年7月号まで計176冊の表紙挿絵を担当。都会的な雰囲気と、画面に踊る手書き文字が佐野の個性を印象づけ、当時『暮しの手帖』を編集・デザインした花森安治にも影響を与えました。本書は、1950年代以降の油彩画を中心に、コラージュや素描、戦前から戦後にわたる代表的な装丁本に加え、15年にわたり手がけた『銀座百点』の表紙絵やデザイン資料などで構成したもの。

カバーに少ヨゴレ・少シミ・背上部に少傷み、見返しに少スレ、天に少シミ有。

東日本鉄道文化財団 / 常葉美術館, 2005
25.5×19.2cm, 152p
ソフトカバー | condition: B



ATELIERでは、古書の買取のご依頼/ご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
CONTACT