Changing Japan
Seen Through The Camera
星野辰男

22,000円(税込)

購入数

『アサヒグラフ』の初期から10年以上にわたり編集長を務めた星野辰男(保篠龍緒)が監修した対外向け写真集。関東大震災が起きた1923年から10年後の1933年に発行されたもので、近代化が進む人々の暮らしや町並みなど、大正デモクラシーの流れのなかにある日本が写し出されています。復興小学校と呼ばれた中央区立泰明小学校、有楽町の数奇屋橋、歌舞伎町の新社屋、同潤会アパート等が掲載されています。タイトル通り“カメラを通して見る変わりゆく日本”を感じとれる貴重な一冊。

カバー上下部にキレ・傷み・背にヨゴレ少、経年ヤケ・シミ、印有。

朝日新聞社 / ASAHI SHIMBUN, 1933
26×19.5cm, 292p
ハードカバー|condition: B



ATELIERでは、古書の買取のご依頼/ご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
CONTACT