構成的ポスターの研究
バウハウスからスイス派の巨匠へ

バウハウスからスイス派のポスターについて、美的・意味論的状態を生み出すデザインの構成要素、その背景や造形思考を互いに関連付けて研究しまとめた一冊。構成的ポスターの全体的研究の成果を豊富な図版とテキストでまとめたもの。編集は多摩美術大学ポスター共同研究会、ブックデザインを羽原肅郎が担当している。

3刷、カバーにスレ・僅かな傷み、天にヨレ少有、中ページ良好。

中央公論美術出版, 2004
30.3×21.5cm | 283p
ハードカバー condition: B
ISBN 9784805504130



ATELIERでは、古書の買取のご依頼/ご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
CONTACT