原弘と「僕達の新活版術」
活字・写真・印刷の一九三〇年代
Hiromu Hara

2,750円(税込)

購入数

昭和モダニズムを駆け抜けたグラフィックデザインの第一人者、原弘(1903-1986)の若き日の挑戦と葛藤を活写。ノイエ・ティポグラフィ理論の探求、「日本工房」、対外宣伝誌『FRONT』など、300ページにわたり原弘の功績を紹介した評論集。図版100点余、詳細な戦前期年譜を収録。著者は、「青春図會 河野鷹思初期作品集」「紙上のモダニズム」などの編集を担当した川畑直道。

帯とカバーに僅かなヨゴレ有、中ページ良好。

トランスアート, 2002
21.5×15.5cm 317p
ハードカバー condition:B



ATELIERでは、古書の買取のご依頼/ご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
CONTACT