〈新品〉ELLIPSIS AFTER CLOSURE
Nicha Keeratiphanthawong
Tabea Nixdorff
Werkplaats Typografie

4,180円(税込)

購入数

タイ出身のグラフィックデザイナー、ニチャ・キーラティファンサウォンとベルリンを拠点に活動するドイツ人アーティスト、タベア・ニクスドルフによる作品集。
本作は、オランダにあるArtEZ芸術大学の2年間のグラフィックデザイン修士課程プログラムの一環「Werkplaats Typografie」で、2020年の修了制作展に本の形で出品されたものである。2人が開催した「hole mending meditation workshops(穴繕いワークショプ)」に参加した人々が提出した穴の作品がまとめられている。

織物はコンピュータのコーディングと同じように、複雑に自動化された網目であるという考えのもと、2人はコードのバグやシステム・エラーのような縫い目の脱落という破断点だけが、手動による介入を要求されると考えた。つまり、限りなく続くデジタルな情報の糸をたどり、ハードウェアばかり触っていることで忘れがちな自分の身体的な存在や位置づけを「修理」という機能に見出したのだ。
修理のジェスチャーとアナログな形のネットワーキングを文字どおり触覚的な活動として体験するため、本書のプロジェクトにおいて2人はワークショップ参加者と共にテキスタイルに穴を開けることから始めた。衣服の脱落した縫い目を合わせ、明らかな「バグ」を補修することで、修理者の存在を強調することや衣服に宿る個人的な物語を辿り直すことを目指した。穴に糸を通し、縫い上げ、修復する行為を通して回復の訓練を行うことは、現在の世界の社会情勢において、社会基盤にある傷や瘢痕から目を背けず、ものを丁寧に扱うという癒しの実践が緊急に必要であることを思い起こさせる。
本書の製本は、ミシン糸で綴じる方法を用いている。

新品。本体良好。

WERKPLAATS TYPOGRAFIE, 2020
22×16cm, 132p
ソフトカバー condition: A



ATELIERでは、古書の買取のご依頼/ご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
CONTACT