花森安治の仕事
デザインする手、編集長の眼
THE WORKS OF YASUJI HANAMORI

2017年に世田谷美術館、碧南市藤井達吉現代美術館、高岡市美術館と巡回した「花森安治の仕事―デザインする手、編集長の眼」展の図録。花森安治は終戦後、<衣・食・住>を基本にすえ、もののない時代には<工夫とアイデア>による豊かな暮らしを提案、電化製品が普及した高度成長期には精力的に<商品テスト>を実施するなど、稀代の辣腕編集長として活躍しました。本カタログでは、晩年に至り、『暮らしの手帖』編集長として発し続けたメッセージ「一銭五厘」(庶民の暮しの旗)に焦点を当て、そこに込められた反戦や日々の暮しへの想いを再考することを目的に、花森安治の多岐に渡る活動を辿る。本体良好。

読売新聞社, 2017
26.5×18.7cm, 325p
ハードカバー|condition: A



ATELIERでは、古書の買取のご依頼/ご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
CONTACT