前衛誌[外国編]
未来派・ダダ・構成主義
西野嘉章 Nishino Yoshiaki

42,350円(税込)

購入数

第一次世界大戦の終結から全体主義の台頭まで、圧倒的な光を放った前衛(アヴァンギャルド)芸術運動。本書では、美術史学者の西野嘉章が、20世紀初頭にサロンや美術館の枠組みを超えて、ときには非合法な地下出版のような形を取りながらも、メディアのネットワークを駆使して世界へと広まった美術史に残る主要誌から知られざる貴重な雑誌、出版物を広く収集。「図版篇」と「論文篇」の2冊組で、図版篇(カラー)は、図版約1000点を収録し、1910年から30年代の出版デザインの数々をエディトリアルデザイン、ブックデザインの歴史的なカタログとして一望できるつくりとなっている。「論文篇」では、デザイナー、作成者、原稿や図版の借用関係、発行・流通の詳細を美術史上のイベントと関連付けて考証している。[日本編]と[外国編]があるうちの[外国編]。装釘・造本: 西野嘉章 関岡裕之

全2冊セット、函に僅かなヨゴレ、本体良好。

東京大学出版会/University of tokyo press, 2016
28×21cm, 758p
ハードカバー condition: A
ISBN 9784130802185



ATELIERでは、古書の買取のご依頼/ご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
CONTACT