虎の巻 アララ仙人のおかしな世界
タイガー立石
Tiger Tateishi

独特なSF的感性と、知的でユーモア漂うナンセンスな作品で独創的な世界を展開した立石紘一、ことタイガー立石。コミックスの分野に一石を投じながらも1969年3月にミラノに移住、13年にわたるミラノでの生活でエットレ・ソットサスの眼にとまり、共同制作を続けながらも、マンガからヒントを得たコマ割り絵画を精力的に制作しており、1982年3月に帰国した際に完成していたのが、この型破りな漫画集『虎の巻』。本書はコミックのひとつの表現として、SF世界へのひとつの提示として、また絵画活動の主張として出版されている。編集は松岡正剛。

カバーのフチにヤケ・ヨゴレ少・僅かな傷み有、中ページ良好。

工作舎, 1982
25.5×18cm, 173p
ソフトカバー | condition: B



ATELIERでは、古書の買取のご依頼/ご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
CONTACT