Stromlinienform :
Streamline Aerodynamisme
Aerodinamismo

8,800円(税込)

購入数

自動車や航空機、鉄道車両における空気力学、流体力学の進歩を「流線型デザイン(streamline)」の視点から捉えた研究書。1920年代から航空機技術を応用した流線型の自動車ボディを開発し、自動車の技術発達に大きな影響を与えたポール・ジャライ(Paul Jaray,1889-1974)や、戦前に時代の先駆けとなったリアエンジン車「スタウト・スカラブ(Stout Scarab)」を設計したウィリアム・ブッシュネル・スタウト (William Bushnell Stout) 、アメリカのインダストリアルデザイナー、ノーマン・ベル・ゲディーズ(Norman Bel Geddes)、レーモンド・ローウィ(Raymond Loewy)などが手がけた製品や設計時のスケッチ、参考資料などが紹介されています。スイスの建築家で、チューリッヒデザイン美術館のキュレーターを務めたクロード・リヒテンシュタイン(Claude Lichtenstein)とFranz Engler監修のもと、1992年にチューリッヒデザイン美術館 (Museum für Gestaltung Zürich)で開催された展覧会にあわせて刊行された一冊。600点の図版を収録。テキスト独語。

表紙にスレによるヨゴレ少、見開きページにシミ少有。中ページ良好。

Lars Muller, 1972
30.2×24cm, 320p
ハードカバー | condition: B
ISBN 390670047X



ATELIERでは、古書の買取のご依頼/ご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
CONTACT