赤瀬川原平の芸術原論展
1960年代から現在まで

8,800円(税込)

購入数

現代芸術家、漫画家、イラストレーター、教師、小説家・エッセイスト、写真家といった、いくつもの顔を持つ芸術家 赤瀬川原平(1937-2014)。1960年に篠原有司男、荒川修作、吉村益信らとともに「ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズ」の結成に参加し、その3年後には、高松次郎、中西夏之と「ハイレッド・センター」の活動を開始し、日本の現代美術史において揺るぎない地位を築きました。本書は、500点を超える赤瀬川の多彩な作品・資料を通して、50年におよぶ活動を一望する一冊となっています。60年代の前衛美術、70年代の漫画・イラストレーション、80年代のトマソン、路上観察学会の仕事など、11章に分けて紹介しています。

表紙に少イタミ有、中ページ良好。

千葉市美術館, 2014
25.5×18cm 413p | ソフトカバー
condition: B