FUTURA :
UNE GLOIRE TYPOGRAPHIQUE

7,700円(税込)

購入数


バウハウスの講師を務めたドイツの書体デザイナー、パウル・ レナー(1878-1956)が1927年に設計したサンセリフ体「Futura」。1930年代にはKurt Schwitters(クルト・シュヴィッタース)や親交のあったJan Tschichold(ヤン・チヒョルト)が多く使用し、世界的にも人気の高いフォントのひとつです。本書は、Walter Dexel、Kurt Schwitters、Jan Tschichold、László Moholy-Nagy、Alvin Lusting、Paul Rand、Herbert Bayerらの貴重な作品を例に、豊富なカラー図版で「Futura」の歴史を紹介した一冊。著者:Alexandre Dumas de Rauly, Michel Wlassikoff

本体良好、仏語。

NORMA EDITIONS, 2011
27.4×21cm, 191p
ソフトカバー | condition: A
ISBN 9782915542394