プロジェクト・ジャパン
メタボリズムは語る
レム・コールハース,
ハンス・ウルリッヒ・オブリスト

17,600円(税込)

購入数

いま、世界が注目する日本建築界のルーツと、日本再生の物語。
コールハースとオブリストが、生きた言葉をとおして新しい歴史に迫る。(帯文より)

2005年から2011年の長期にわたり、建築家のレム・コールハースとキュレーターのハンス・ウルリッヒ・オブリストは、メタボリズムの現存者をはじめ、彼らの師、仕事仲間、ライバル、批判者、弟子、家族たちへのインタビューを行った。その集大成として作られた本書は、世界最後の前衛運動を生き生きと映し出し、建築が私的な現象ではなく、パブリックのためのものであった最後の瞬間を捉えたドキュメンタリーとなっている。『S,M,L,XL』や『Harvard Project on the City』のような著書同様、ボリュームある一冊。

インタビューした人々=磯崎新, 加藤敏子, 菊竹清訓, 川添登, 槇文彦, 黒川紀章, 榮久庵憲司, 丹下孝子, 東松照明, 八束はじめ 他

編集=太田佳代子, ジェームス・ウェストコット, AMO

帯とカバー付、本体良好。

平凡社, 2012
23.6×17.4cm, 720p
ソフトカバー condition: A



ATELIERでは、古書の買取のご依頼/ご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
CONTACT