BOOMOON NAKSAN
Kwon Boomoon
クォン・ブムン

1970年代初めに写真を探求し始め、ソウルを拠点に活動するドキュメンタリー写真家、權富問(クォン・ブムン)の写真集。1970年代は、韓国社会の急速な変化を記録しながら、荒廃した村々や農村と都市の対比を撮影した。1980年代から、自然の風景をモチーフとして、広大な海、空、陸の大判写真を制作している。本書は、2010年2月に朝鮮半島の東海岸に位置する洛山(Naksan)の大雪の嵐に着想されたもの。詩人で批評家の倉石志乃がテキストを寄せる。

見開き・見返しページのノドにムレ、写真ページ一部にスレ少有。

Nazraeli Press, 2010
33.5×23cm,
ハードカバー condition: B
ISBN 9781590053133