FIGURES OF SPEECH
Virgil Abloh
ヴァージル・アブロー

14,300円(税込)

購入数

アメリカ人デザイナー、ヴァージル・アブローの作品集。2019年に「シカゴ現代美術館(Museum of Contemporary Art Chicago)」で開催された展覧会に伴い、同美術館の企画によって刊行されたもの。その後、2021年にマサチューセッツ州の「ボストン現代美術館(Institute of Contemporary Art Boston)」、2022年にニューヨークの「ブルックリン美術館(Brooklyn Museum)」など、計5ヶ所の巡回に伴い増版された。

ヴァージルにとって本書は、自身が指針していた哲学に基づき「すべてを疑う(QUESTION EVERYTHING)」もうひとつの機会でもある。シカゴ現代美術館のチーフ・キュレーター、マイケル・ダーリング(Michael Darling)が、ヴァージルの学際的な活動の概要を紹介し、イギリス系アメリカ人の作家兼写真家、タイエ・セラシ(Taiye Selasi)、イギリス人ライター、キュレーターのルー・ストッパード(Lou Stoppard)、アメリカ人グラフィックデザイナーのマイケル・ロック(Michael Rock)、研究機関「AMO」のディレクター、サミール・バンタル(Samir Bantal)、オランダ人建築家のレム・コールハース(Rem Koolhaas)、ファッション批評誌『Vestoj』編集長アンニャ・アロノウスキー・クロンバーグ(Anja Aronowsky Cronberg)など、アート、ファッション、デザイン、建築の主要人物によるエッセイやインタビューが掲載されている。「アーカイブ」セクションでは、ヴァージルの個人的なファイルに収められていた1,800点以上の未公開写真やアイデアスケッチが収録されており、影響を受けた作品やコラボレーションの驚くべき幅広さが明らかにされている。「索引」セクションでは、これまでのプロジェクトやプロセスを表形式でインデックス化している。
スイス装(背開き式上製本)で造本されており、表紙を開くと完全に平らになる仕立てになっている。また、この製本方法を用いて、通常隠れている本そのものの背や、表紙に使用されている厚紙を意図的に露出させている。ブックデザインはイギリスの出版社「InOtherWords」を主宰するデザイン・スタジオ「OK-RM」とロサンゼルスのクリエイティブ・スタジオ「PlayLab Inc.」が手がけている。

※新刊

DELMONICO BOOKS, 2022
31×23.5cm, 496p
ソフトカバー|condition: A



ATELIERでは、古書の買取のご依頼/ご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
CONTACT