北園克衛 記号説 1924-1941
semiotic theory
KITASONO Katue
selected works

4,950円(税込)

購入数

きらびやかに展開するモダニズム文化のなかで北園克衛が萌芽する。関東大震災後からの復興に伴う新しい都市生活の中で紡がれた最初期の未紹介作品を含め、発表時の組版を忠実に再構成した「図形説」全11篇ほかを収録。ことばや文字を形象として扱いながら詩をイメージとして構成する大胆な手法によって紡がれた前衛詩集・戦前篇。編集: 金澤一志

帯・カバー・別紙「前衛の憂鬱 / 金澤一志」付、本体良好。

思潮社, 2014
18×15cm 130p
ソフトカバー condition: A



ATELIERでは、古書の買取のご依頼/ご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
CONTACT