遊 稲垣足穂 野尻抱影 追悼号
objet magazine yu

8,000円(税込)

購入数

われらはいま、
宇宙の散歩に
出かけたところだ

南米を訪れていた松岡正剛が、旅先で稲垣足穂と野尻抱影の二人の訃報を相継いで知り、日本に戻り真っ先に着手したとされる臨時増刊号。抱影頌、足穂頌、共振界と三部にわけ、それぞれの年表と、堀内邦彦、萩原幸子、まりの・るうにい、荒俣宏ら執筆者のテキストを収録。力の入った羽良多平吉によるアートディレクションも素晴らしいです。デザインには戸田ツトムも参加。


目次:

1977.12.24 EVE
われらはいま、
宇宙の散歩に
出かけたところだ

ねえ、口で伝えられる物語のように 
移ろい行き、溶けて幻に似た無に近づく
物質の将来について語ろうじゃありませんか −松岡正剛

私はいつも
猫と土星とタルホルン −まりの・るうにい

霊気を吐いたタルホの「青い火」 −荒俣宏

クシー君の発明 −鴨沢祐二

生目の内と外 −赤瀬川原平


表紙と背フチにスレ、見返し一部にイタミ小ありますが、中ページ・小口ともに綺麗な状態です。付属の葉書、チラシ、スリップ付。

工作舎, 1977
25.5×18cm 152p
ソフトカバー | condition: B