江戸の異国万華鏡
更紗・びいどろ・阿蘭陀

2,200円(税込)

購入数

江戸時代の様々な舶来品のうち、主にオランダ東インド会社によって輸入された工芸品、多くの人々を魅了したインド更紗、びいどろと呼ばれ和ガラスの手本にもなったヨーロッパ製ガラス器、阿蘭陀と呼ばれ珍重されたヨーロッパ陶器を取り上げ、日本でどのように愛でられ、使われたかに焦点を当てた展覧会のカタログ。

裏表紙に僅かな傷み有、中ページ良好。

MIHO MUSEUM, 2014
29×22cm, 293p
ハードカバー condition: B



ATELIERでは、古書の買取のご依頼/ご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
CONTACT