Boro つぎ、はぎ、いかす。
青森のぼろ布文化
小出由紀子 都築響一

6,600円(税込)

購入数

東北地方で生活する農民たちが生み出したテキスタイルの美学、「ぼろ」。本書では昭和40年代から青森県内の山・農・漁村を歩き回り、「ぼろ」と呼ばれる布と人の愛のあかしを探し求め、保存してきた田中忠三郎氏のコレクションを都築響一が撮影したカラー写真で紹介している。木綿や麻など、古くから衣服に使われてきた素材についてのエピソードも収録。編集は小出由紀子、都築響一。「ぼろ」を彷彿させる手触りのある繊維入りの用紙を使った装丁も味わい深い一冊。

カバー上部にヤケ少有。中ページ良好。

アスペクト, 2009
21×17cm
ソフトカバー | condition: B
ISBN 9784757215962



ATELIERでは、古書の買取のご依頼/ご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
CONTACT